ラスクの保存方法

サクサクな食感が魅力のラスクですが、時間が経つとサクサクとした食感が薄れることがあります。
そんなラスクを美味しい状態で保存するためには、保存方法に工夫が必要です。
以下にて、ラスクの保存方法についてご紹介いたします。

保存する上で気をつけること

ラスクのサクサクな食感は、作る工程でじっくりと時間をかけ、水分を飛ばすことによって生まれます。
そのため、保存する上で1番気をつけていただきたいのが「湿気」です。湿気が高い場所に保存してしまうと、ラスクが水分を含んでしまい、サクサク食感が薄れてしまいます。常に乾燥状態を保つのが適切なため、プラスチック製の密閉容器などに乾燥剤と一緒に入れ、保存するのがおすすめです。

また、冷蔵庫に入れて保存すると、取り出した際に外気との温度差で結露する恐れがあるので、常温で保存するのが望ましいといえます。なお、「直射日光を避ける」「気温が高い場所に置かない」などの一般的な食品の保存方法も、併せて実践してみてください。

バターの酸化について

ラスクの素材としてバターは欠かすことができないものですが、バターの大敵といえば「酸化」です。
バターを素材として使用している以上、酸化しやすい環境に保存してしまうと、ラスク自体の風味を損ねてしまいます。
酸化は空気に触れることによって進行するため、なるべく空気に触れないように保存する必要があります。

プラスチック製の密閉容器などに保存するのが望ましいと先述しましたが、これはバターの酸化を防ぐという意味でも大切なことなのです。以上のことから、ラスクを保存する上で注力していただきたいのは「乾燥対策」と「酸化対策」です。
ラスクを保存する際は、ぜひ上記の方法を参考になさってください。安心してお召し上がりいただけると思います。

美山ブレッドはにんじんラスク、ほうれんそうラスク、紫芋ラスクなど、こだわりラスクを取り扱っているラスク専門店です。味・素材・安全にこだわり、最高のラスクを皆様にお届けいたします。ラスク専門店の通販サイトをお探しの方は、ぜひ美山ブレッドをご利用ください。


ブログはこちら
問い合わせ


copyright(c)Miyama Bread, All rights reserved.